あかりの作曲・mix日記

作曲・mix、制作中に気づいた大切なコト。制作裏話。

無料で使えるフリーBGM集!

◆フリーBGMを作ってみたよ

フリーで使えるBGMを作ってみました。オルゴール、ヒーリング、アンビエント・ミュージックを充実させていきたいなと思っています。

一部はオーディオストックで有料で販売しているものと全く同じものです。

このページのものはすべて128kbpsのmp3形式です。高音質wavが欲しい方はオーディオストックへ!

 

◆使用時の約束

・BGMを使った二次創作物は公開・配布・商用利用できます。

・加工はフェードアウトやループにつなぐのみOKです。

・利用報告は必要ありません。

YOUTUBE等において、著作権登録することはできません。(他の方が使用できなくなるので絶対にやめてください。)

・BGM素材をそのまま又は加工して、転載・販売することはできません。

・本楽曲を主とする作品制作には使用できません。

・制作物にクレジットテキストは入れなくても良いですが、作品公開時にこのページリンクを貼ってもらえると嬉しいです。必須ではありません。

ページリンク→ https://akari0523.hatenablog.com/entry/2021/12/20/102702

制作者→椎木あかり https://twitter.com/akaringo0523

・その他、制作者に不利益が及ぶ使用はダメです。

著作権は放棄していません。著作権に抵触する利用をすると多大な損害賠償が発生します。

・当楽曲を使用したいかなる損害も制作者は責任を負いません。

・楽曲をDLした時点で約束に同意したこととみなします。

 

簡単に言うと、

「ここのBGMを使って作品作りができて、その作品を公開することができます。」

それだけです。(それ以外の事はできません。)

 

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

◆オルゴール

アヴェマリアパブリックドメイン曲)

きよしこの夜(パブリックドメイン曲)

・ジングルベル(パブリックドメイン曲)

・諸人こぞりて(パブリックドメイン曲)

・夢

 

アンビエント・ヒーリング

・氷の国

・氷樹

・ringring night

・story of deep sea(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・eternal wish(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・marine snow(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・tears(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・tomoshibi(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・life(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・birth(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・world(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・departure(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

calm(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・thought(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・sky(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・sunset(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・dream(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

・moon light whale song(オリジナルアルバム「moon light whale song」より)

 

 

 

◆劇伴

・逃走

・疑惑

・こぶしの舞

・侵入者

・仙人の詞

如来猫掌

・捕まっちゃったよ

 

◆ピアノ

・誰もいない街

 

◆ストリングス

・荒野

 

◆オーケストラ

・雪精霊のワルツ

 

◆ジングル

・クッキング番組パロディ

・ギタージングル1

・エレピジングル1

・ストリングスジングル1

・ニュース速報

 

 

◆リズムトラック

・happy meat

・walking meat

 

◆季節もの

・おかしをくれてもいたずらしちゃうよ(ハロウィン)

 

◆バッキングトラック

・冬のお肌~流行りのスキンケア~

 

◆おわり

少しずつ増やしていこうと思います。
作品ができましたら一報くだされば見に行きます!ぜひ教えて下さい!!

 

f:id:akari0523:20190711140610g:plain

 

マスタリングの音圧を変えてどれが好みかアンケートしてみた結果…

◆マスタリング音圧について

アンケートしてみました。

 

1.普通の音圧にしてみた場合

2.高音圧気味にしてみた場合

3.超高音圧にしてみた場合(わりと無茶してます。)

 

上記3パターンを作ってみて、音量を"揃えなかった場合"と"揃えた場合"で、どれが一番よく聞こえるかという単純なものです。

 

ツイートに書き忘れましたが、上の段から順番に再生されています。

Twitterはタイムライン上ではモノラルで再生されることがあります。Tweetをクリック又はタップしてTweetを表示させて聞いてみて下さい。

 

◆音圧を揃えなかった場合

 

・考察

音量を揃えなかった場合、単純に大きいほうがよく聞こえます。また、高音圧すぎる場合も音がゆがんで(ポンピング・ぐにょぐにょしてる)しまっていたりするのは聞こえているようで不評でした。

2.の高音圧気味が一番よく聞こえたようです。

 

◆音圧を揃えた場合

 

・考察

音量を揃えた場合、大きいほうがよく聞こえる牢獄から解放されるため、普通の音圧で整えたものが一番聞き心地が良かったようです。

ただ、普段聞き慣れているのが「2.の高音圧気味」なので"聞き慣れている音"に対して良い反応もありました。音源制作者としてここは重要なポイントかと思います。

 

◆おわり

例えば納豆など発酵食品の場合、その地域では好んで食べられていても他の地域に行くととても食えたものではないということがあります。

 

食べ物と音は違うものですが、人間の性質として"慣れたもの"はやはり良いのかもしれません。

 

あと、邦楽的mixというとやはりボーカル大きめというのが定番なのでしょうか?これも聞き慣れてたり「日本人ボーカル聞きたい」という好みの現れかと思います。

 

ちょうどいいあんばいって難しいですね。おわり。

 

f:id:akari0523:20190711140610g:plain

 

マスタリングについての考察

◆マスタリングについて

楽曲制作を始めて、mixも...マスタリングも...と順番に勉強してきました。

マスタリングついて勉強し始めた時は、最終的に音圧を上げること?音質を調整すること?と思っていましたが、勉強していくうちにもっといろんな深い役割があるのかなと気づいてきました。そのあたりを少し考えてみたいと思います。

 

◆マスタリングの昔?

レコードやテープを販売していた時代、そのメディアに合った音質調整をしたりする専門家だったようです。詳しくはわかりません。ぐぐってください笑

レコードに音源を落とし込む際に、低音が多いとうまく記録できないからローカットをするとかやっていたみたい?

 

◆マスタリングの今?

インターネット上でのダウンロード販売がメインストリームになってくると、YOUTUBEspotify等プラットフォームに合った音質(音圧)調整をするという方向へシフトしたのでしょうか?

 

◆音楽制作環境について

制作環境もPCが主流となり、高額なアナログ機材は個人で揃えるのは難しいですが、ITB環境においてはアマチュアとプロの機材の差は少なくなっていると思います。

 

レコードやテープに記録するような超専門的な知識は必要なくなり、各配信プラットフォームに沿った適切な音質・音圧を作ることは個人制作でもできます。

 

その他、マスタリングをAIで行うプラグインや、AIによる自動クラウドマスタリングサービスなどもあります。

 

え、マスタリングの仕事なくなっちゃうんじゃないの!?!?

 

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

ITB:In The Box(いんざぼっくす)

DAW内で制作を完結させること。

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

 

◆制作者とリスナーをつなぐお仕事

実際にはマスタリングのお仕事はなくなりません。

 

私は歌ってみたmixの他に、個人の楽曲制作者からの依頼を受けたりしていたのですが、その中でいろいろ見えてきたものがありました。

 

代表的なものが、

・楽曲制作者が見落としてるノイズがあった

YOUTUBE等での公開時に音量が極端に小さくなってしまっている

・楽曲のラストで音が途切れてしまっている

等です。

 

このような不具合はAIが見つけて修正できるとは思えません。最終的に人間の耳に届く音源として完成しているか否かは、人間でないと判断できないと思うのです。

 

リスナーの耳に届く前に、"最終チェックするお仕事"がマスタリングするっていうことなのではないかと思い始めました。

 

◆誰でもアーティスト時代で

PCさえあれば、さらにはスマホさえあれば誰でも楽曲制作ができる時代になりました。制作者が増えればその分、多種多様な不具合がでたりするものです。

 

制作者がどういうものを作りたいと思っているのかとか、楽曲としてちゃんと聞ける作品になっているのかとか、制作者が見落としてしまっている事が無いかとか、どういう風に公開したいのかとか、制作側としてでなく三者的リスナー側の視点から作品を見て適切にアドバイスができること、さらにそれについて細かく調整できること。これが大事だと思うのです。

 

◆おわり

2mixが優れて整っていればマスタリングで音質調整しなくても良いことがあります。それでも"最終的にチェックしましたよ~"という事、その責任にお金を払ってるんだと思います。超大事。

マスタリングするということは、エンジニアとしての自分の名前を冠して「この音源は楽曲として十分楽しめます!」と言うことに他なりません。責任重大です。超責任重大です。と思いました。おわり。

 

 

f:id:akari0523:20190711140610g:plain

 

音の距離感ってどうやって調整するの?

◆音の距離感について

mixする時、音が左右どちらから聞こえてくるかと同時に、その音が近くで聞こえるか遠くで聞こえるかの調整が大事になってきます。

 

音の距離感?とはどうやって調節するのでしょうか?

 

◆音の大きさ

単純に近い音は大きく、遠い音は小さく聞こえます。基本はこれ。

 

◆近接効果

単一指向性マイクで録音した場合、マイクに近づく程低音が大きくなるという特徴があります。

ボーカルの場合、コーラス(ハモリ)は低音をカットするとマイクから遠ざかっているように聞こえます。

 

全指向性のマイクでも起こるのでしょうか?良くわかりません。

 

◆距離減衰

遠くにある音は高音側から減衰していきます。遠くにある音として表現するには、高音をカットorシェルビングEQで下げると遠くにあるように聞こえます。

高音を下げれば下げるほど遠くにある音に聞こえます。低音はほとんど減衰しないらしいです。

 

おや?近接効果と矛盾しますね??

近接効果はマイクから遠い事であって、耳から遠い事とは状況が違っています。

録音物としてマイクから遠い事と、物理現象として遠くにある音は別で考えると良いと思います。

 

◆音のぼやけ感

遠くにある音はぼやけています。特に高音側からぼやけていきます。高音側が鮮明に聞こえて音が小さい場合、それは遠い音ではなく"近くにある小さい音"として認識されると思います。む、難しいですね...

 

◆音の押し出し感

近くにある音は音の大きいところと小さいところの差が大きくなります。遠い音は距離減衰と音のぼやけ感もあいまって、のっぺり・もっさりして音の大きい小さいがあまりないように感じます。これも特に高音側に現れると思います。

 

note.com

 

◆おわり

以上、私が普段mixするときに気をつけてる音の距離感について書いてみました。他にもこんなのあるよっていうのあったら教えて下さい。おわり~。

 

 

akaringo-blog.com

 

 

 

f:id:akari0523:20190711140610g:plain

 

ピッチ補正はホントに"ズル"ですか?

◆ピッチ補正はズルですか?

・ピッチ補正をズルだという人の意見。

→歌がへたなのを補正でごまかしてる。

 

・ピッチ補正はズルじゃないという人の意見。

→プロでもやってること。良い作品にするために整えるのは当然。

 

 こんな意見を良く聞きますが皆さんはどうですか?

今回はピッチ補正がズルか否かについて考えてみたいと思います。

 

※歌には本来的に上手い下手はありませんが、今回はあえてそういう表現を使用しています。ご理解お願い致します。

 

◆ピッチ補正とは

 「ピッチ」とは日本語でいうと「音高」と言います。絶対的な音の高さを表します。

音楽では特にピッチが不安定なボーカルについて補正を行うことが多いと思います。

 

ボーカルについて、ピッチ補正を行うこと=正確なメロディに合わせることで、ボーカル楽曲の完成度をあげることができます。

 

 

youtu.be

 

 ※映像はボーカルシフター

 

こんな風にピッチを整えることができます。

 

◆ピッチ補正をする理由

日本語を母国語とする民族は音の高さに敏感です。なぜなら音の高低がアクセントになっていて、その高低差で相手が怒っている、楽しんでいる、悲しんでいるを察知するからです。

 

さらに、歌謡曲の時代からボーカルを聞く、ボーカルを目立たせる、真似して歌うという文化が発展してきました。それだけ日本語を母国語とする人達はボーカルの完成度(?)について厳しいのだと思います。

 

さらにさらに、日本のポップスはリバーブ(≒エコー)をつけたがらないようです。リバーブは音を美しく響かせるという効果の他に、あいまいな部分をごまかす効果もあります。カラオケでエコーをガンガンにしたら上手に聞こえるあれです。リバーブが少ない構成では、よりピッチのアラが目立つのです。

 

洋楽は日本のポップスに比べて、歌を目立たせる構成ではないしリバーブも比較的多いと言われています。楽曲はリズム重視であり、日本語ほどピッチについて気にしないのだと思います。※個人的感想です。

 

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

メリット・デメリットについて はこちらの記事で

akari0523.hatenablog.com

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

 

◆本当にズルなのか

ズバリいいます。どんなにピッチ補正をしても、本人の実力以上には絶対になりません。ピッチ補正は"100%全部間違えずに歌ったとしたらこうなっただろう"を再現しているだけです。 

 

歌はもともとの歌の勢いとか、声の張りとか、感情の込め方のほうがよっぽど大事な要素なのです。あとリズム。ピッチだけ整えても、人の心を惹きつける歌にはなりません。ピッチよりも重要なことがもっとたくさんあるのです。

 

さらに言えば、ピッチ補正の技術によっても差がでます。ピッチ補正がいまいちだったり、自動補正とかを使っちゃうような技術者は元よりダメにしてしまう事があったりします。気をつけよう。

 

◆プロもやってること?

企業は利益を求めますので、効率重視な方へ偏重するのは仕方ないと思います。

歌へたなアイドルを何十時間も拘束して完璧に歌えるまで録音重ねるなら、ピッチ補正したほうが効率よく楽曲をリリースできます。空いた時間でアイドルさんはネット配信等でファン獲得もできます。一石二鳥です。

 

仮にそれで出来上がりが8割くらいの完成度でも良いのです。残りの2割はクリエイターとかじゃないと気づかないようなことだし、一般リスナーはそんなところ気にしません。「それより早く歌リリースして!」と思うのではないでしょうか。

 

良い作品にしたいと本当に思うなら、100%完璧なものを作りたいなら、補正などしないほうが良いに決まってます。

 

 ですが、昨今は何を作るにもスピードが重視されている風潮がありますよね。何十時間も歌の練習をするくらいなら、補正できるところは補正してという考えでも間違いではないと思います。

 

「誰かがやってるからやって自分もやっていい」だと、ちょっと考えが浅はかかなと思います。やってないプロもいます。やる、やらないは自分の信念に従ってきちんと考えて欲しいです。

  

◆おわり

 もし仮に「自分の演奏ではない」ことがズルだとしたら、DTMで使う音源や自動演奏してくれるVSTIも全てズルになってしまいます。オーケストラも楽器全部リアルで買って揃えて演奏して録音しないとダメって事になっちゃいますね。

 

 歌唱力は一朝一夕で身につくものでは無いことも確かです。仕事の合間に趣味で音楽制作をしている方は、時短の為にピッチ補正を前提にして制作するのも全然ありだと思います。この忙しい現代で何十時間も練習してる暇などないのです。

 

  と、少し話しがそれましたが結局の所、もともとの歌が良くないとピッチ補正してもそんなに良くはなりません。ピッチ補正したくらいでプロになれるならみんなプロになってますよね。

 

まとめると、

「ズルといえばズルかもしれないけど、大騒ぎするほどのたいしたズルでもない」

 

はい、練習しよ練習~!

 

おわり。

 

 

f:id:akari0523:20190711140610g:plain

 

mix仕上げにサチュレーションをかけてみようの話。

◆mixの仕上げにサチュレーション!?

過去2回に渡って「サチュレーションって何?」というお話をしてきました。今回はmix仕上げにサチュレーションを使ってみたいと思います。

 

仕上げにサチュレーションを使うと以下の効果が期待できます。

・音を馴染ませる・一体感をだす

・音の密度を上げる・音圧をあげる

 

今回はこの2つに絞って考えていきたいと思います。

 

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

前回までのおさらいはこちら。


 

◆音を馴染ませる・一体感をだす

 馴染ませるとはつまり、境界をうやむやにすることですよね。

仕上げに全体にサチュレーションをかけると、含まれるすべての楽器に対して"同じ機材を通した倍音効果"が付与される事になります。

 

例えるなら最後にチョコレートシロップをかけたら全部チョコレート味になる感じです。

 

一体感を出すにはバスコンプ等がよく使われると思います。バスコンプそれ自体にもコンプの他にサチュレーション効果があるものが多いと思います。

 

 

◆音の密度を上げる・音圧をあげる

 音量を上げるのではなく"音の密度"を上げることで楽曲に迫力を出します。

mixが終わって最終的に音圧を調整する時、リミッター・マキシマイザーで音圧を上げると思います。その時、無理に上げすぎると歪が多くなりますし、バラード曲等はボーカルそれ自体に悪影響が出やすいし、せっかくのダイナミクスも台無しにする場合があります。

 

市販の曲と同じぐらい迫力を出そうとして、無理に音圧を上げたりする前に、サチュレーションでこっそり密度を上げておくと、それだけでぐっとくる音源になったりします。

 

 

◆実際にやってみよう!

 前回でも紹介した「FREEAMP」を使ってみました。あと、「Studio One Prime」についてる「RedLightDist」でも同じ効果が期待できます。

 

youtu.be

 

 

「FREEAMP」の方は若干かけすぎた感がありますね。サチュレーションをかけすぎて全体がもさもさしてる感じがします。こういう時は適宜MIXノブで原音/効果の混ざり具合を調節してみると良いと思います。

 

◆おわり

サチュレーションをかけると細くぺたっとしてた音源に深みが出て、奥行き感みたいなものも感じられたと思います。あとは、高音域側の"トゲトゲしさ"みたいなものが優しくなってふわっとする感じがすると思います。

 

ピアノ曲なんかはリミッターやマキシマイザーで音圧をあげず、サチュレーションを通すとまろやかで優しい音になり、かつ音圧も稼げるのでわりと重宝します。

 

仕上げに何かもうひとつスパイスを…と思ったら試してみるといいかも。「RedLightDist」オススメ。おわり。

 

 

f:id:akari0523:20190711140610g:plain

 

サチュレーションって何?

◆サチュレーションって何?

 mix初めてまもなく、私もこの言葉に出会いました。サチュレーションって何?音が良くなるってどういう事?音が変化するの?

 

今回はサチュレーションについて一緒に考えてみたいと思います。 

 

 

◆例えばピアノでラを弾いてみる

わかりやすくするために、簡単な物に例えてみましょう。

ピアノで"ラ"の音を単音で弾いてみます。440Hzです。次にその2倍の880Hzを弾きます。オクターブ上の"ラ"ですね。次はその3倍を弾きます。1320Hzは"ミ"です。その次は4倍のえーと、1760Hzは2オクターブ上の"ラ"です。

 

youtu.be

 

 どうでしょうか。単音の"ラ"を弾いた時より、4つの音を同時に弾いたほうが、豪華でかっこよく聞こえると思います。極端に言えばそんなことが超々細かい単位で起きていると思っていいと思います。(イメージのお話です。)

 

この場合の基音は440Hz。それに2倍・3倍・4倍の音を足しました。この"倍音を足す"ことで音は強くかっこよくなるのです。

 

今回は4倍まで足してみましたが、実際に足される倍音は機材によって変わります。

 

akari0523.hatenablog.com

 

 

 ◆どうやって使うの?

 

 試しにボーカルに入れてみましょう。

 

youtu.be

 

  効果が微妙でわかりにくいですか?

 

そうですね。効果がわからないようにそっと足すのがポイントです。あからさまに効果がわかるようにすると、それは"ドライブ"という効果に変わってきます。

 

ちょっと変わったかな?というのがわかったあなたは耳がとても良いと思います。耳大事にしてくださいね。

 

youtu.be

 

 ◆ボーカルmixでのサチュレーションの考え方

既に作成されているカラオケ音源にボーカルだけあとから足す場合を考えます。

カラオケ音源にサチュレーションが入っていた場合、サチュレーションを入れてないボーカルを足すと不自然に感じることがあります。いわゆる"馴染んでない"という状態です。

 

サチュレーションを入れてないボーカルは生っぽくて貧弱に聞こえます。

 

さらに、カラオケの音に負けないようにしようとして、ボーカルの音量を上げると、ボーカルだけやたら大きく感じます。

この時、カラオケとボーカルが馴染まない原因は、音量でも、コンプ感でも、EQでもなく、音の密度感です。 

 

「少しボーカルが貧弱に聞こえるけど、音量としてはあってるんだよな~」という時、サチュレーションをボーカルに入れてあげるとうまくマッチする時があります。

 

最近流行りのボーカルでは、真空管のサチュレーションがきつめに入っていたりして、パリっとしてかっこよくなっているのとかありますよね。

 

 

◆おわり

 何事も使い方次第ですが、例えばピアノ弾き語りやギター弾き語りの場合、生っぽいボーカルの方が合うこともあります。

逆にロックとか騒がしい楽曲の場合は、ボーカルを強くしてあげないとギターに負けてしまいます。

加減が少し難しいですが、うまく楽曲に合わせて使い分けて行けるといいですね。

 

次回はサチュレーションを仕上げに使ってみます。 お楽しみに。

 

f:id:akari0523:20190711140610g:plain